脂肪吸引ハイパーインフレート法とチューメセント法について解説

 

脂肪吸引が日本でも始まったのは、昭和58年ごろとされています。

 

当初は事前の処置は全身麻酔と輸血の準備ぐらいで、ほとんどそのまま吸引管(カニューレ)を皮膚に挿していました。

 

人間の脂肪は意外に硬く、医師にするとカニューレを進めるのに腕力が必要だったといいます。

 

また、患者さんの血も周囲に飛び散ったそうです。

 

そこに登場したのが、「チューメセント法」です。

 

事前に麻酔剤や止血剤、脂肪を軟らかくする薬液を注射しておくのです。

 

これで、スムーズに手術が進むようになりました。また、血管や神経を傷つけることも少なくなり、輸血の必要も激減しました。

 

取り除くことができる脂肪の割合も、以前は70パーセント程度だったのに対し、90パーセントぐらいまでアップしました。

 

ただ、このチューメセント法では麻酔剤などを注入できるのは、皮膚の奥の方に限られていました。

 

この欠点を克服したのが、「ハイパーインフレート法」です。

 

使う薬剤などはほぼ同じです。ただ、これらを今度は生理食塩水に溶かしこみ、それを注入します。

 

注入できる場所も、皮膚の表面や中間層まで広がりました。

 

そのため、均一に脂肪を吸引することも容易になり、手術後の皮膚も凸凹になりにくくなっています。

 

今の状況では、ほとんどがチューメセント法、一部でハイパーインフレート法が採用されています。

 

このどちらにせよ、単独で用いられることはほとんどありません。「体内式超音波」や「ベイザーリポ」といった振動などを利用し脂肪を軟らかくする方法も併用されるのが一般的です。

 

また、たとえどんなに新しい技術を導入していても、医師個人の技能が重要なことに変わりはありません。

 

クリニック選びには、方式をチェックするだけではなく、医師の評判も気にする必要があります。

 

 

 

脂肪吸引のボディジェットって?

 

脂肪吸引の時に問題になることのひとつが、「皮膚の下でこびりついている脂肪をどうやって軟らかくするか・はがれやすくするか」です。

 

最も早い時期の脂肪吸引では、特に工夫もなく、吸引管(カニューレ)を目的の場所に挿しこんで吸い取るだけでした。

 

今は超音波振動を皮膚の外から当てたり、吸引管自体が超音波振動を発生させるようになっていて、これで脂肪を軟らかくします。

 

これらが普及して、安全性が高まり、また、皮膚の凸凹ができにくくなるなど、仕上がりも良くなっています。

 

もうひとつ、別のやり方も登場しています。それがこの「ボディジェット」です。「ウォータージェットアシスト脂肪吸引」などの名前で呼んでいるクリニックもあります。

 

吸引管に、一般的なものとは違う機能をもたせています。

 

脂肪を吸い取る穴は、先端よりも少し手前です。最先端からは、ジェット水流が噴き出すようになっています。

 

といっても、吸引管自体、直径2〜3ミリのごくごく細いものですから、ジェット水流もミクロの単位の話です。

 

こうすることで、脂肪のある層と筋肉のある層の間に水によるすき間ができます。それで効率よく脂肪も吸い取ることができるわけです。

 

また、血管や神経などは水の幕が取り囲みますから、ダメージを受けることが少なくなります。

 

この水流用の液には、麻酔薬や止血剤を混ぜてあります。痛みがなく、出血も少ないというメリットもあります。

 

特に適している部位は、おなか、太もも、二の腕などたっぷりと脂肪が付いているところです。

 

背中やふくらはぎなどは、脂肪が少なく、ボディジェットもどちらかというと向いていません。

 

また、脂肪吸引一般にいえることですが、熟練した医師でないと、処置したあとが凸凹になることがあります。

 

このボディジェットも、医師の技術の低さまではカバーしませんので、慎重にクリニックや医師を選ぶ必要があります。

 

 

 

話題のWEBコーナー

髪の毛をまとめた際に、魅力的なうなじだと胸を張って言いきれますか?うなじの再度発毛する可能性が低い永久脱毛は安いと40000円くらいから受け付けている脱毛エステの割合が高いそうです。もし不明点があればワキ脱毛を申し込んだサロンにきちんと教えてもらいましょう。病院で用いられているレーザーはパワーがあり、高い効果を期待できるのですが、お金はかかります。
名古屋で永久脱毛するならここがオススメ@人気の脱毛サロン、クリニック

 

元々エステにあっては確実なデトックス方法として、中心的存在のマッサージを用いて体内の毒素を出すことなどをしています。技術あるエステティシャンが体得している優れたマッサージテクニックにもたらされる満足のエステが提供されます。水分と老廃物が溜まりそれに脂肪が腹立たしいことにしっかりと一体化した奇怪な塊こそ、間違いなくセルライト。
かと言ってこれが現われてしまうと、取り去りたいと思っても、どのようにしても取り除きに困難を伴う。
≫≫大阪の痩身エステはここがおススメ@格安な人気サロン特集!

 

本格的な豊胸バッグや脂肪注入の豊胸術まではする気はないけども、「いくらか自分の胸を大きくしたい!」、「谷間があればいいな!」と希望している女の方は実はけっこういると考えます。安全面や費用面を理由に、「豊胸手術は敷居が高い」と考えている人は少なくないと言われています。ならば、実情に合ったバストアップの手段と言えばサプリメントでしょう。
≫≫豊胸手術 費用

 

 

 

 

更新履歴